3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富山県立大学にて講演

久しぶりの講演です。。。

平成23年7月6日富山県立大学にてSketchUpの講演をします。


◆富山県立大学平成23年度 第2回地域連携公開セミナー
 ・大学のホームページでの案内はこちら


スポンサーサイト

|  ・講演講習 | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

04月15日東京でBIM講演

BIM講演をしました。

CIMG8241.jpg

CIMG8257.jpg

CIMG8269.jpg


当日のパワーポイント資料(pdf)


BIMは美夢(びむ)だ!
と叫んできました。。。


|  ・講演講習 | 18:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月28日名古屋でBIM講演

4月28日開催される
『Otsuka & Autodesk Collaboration Day 2010 in Nagoya』
の中で講演します。


111_20100408184959.jpg

品川の共同住宅設計で分かったBIMのメリット
~初めてBIM設計を実践した奮戦談~
14:20~15:10
ヤマガタ設計代表 山形雄次郎

    約10年前の3次元CAD導入の失敗のトラウマがあったものの、
    ちょうど1年前の2009年3月にBIMというものを初めて知り、
    基本構想時期にあった東京の共同住宅で、「Revitなら使える!」
    と決断し、実際4~7月の基本・実施設計の主力ツールとして使いました。
    「初めてBIMを触って、設計の流れに合いましたか?」、
    「Revitは本当に実務として使えたんですか?」という質問を
    多く受けられるという山形氏にその回答をお話しいただきます。


実際にBIMで設計した物件事例リーフレットの内容を、
RevitやSketchUpの生の動きを見て頂きながら、
実務としてBIMを導入する際のポイントと注意点を、
具体的にお話しする予定です。

案内ではメリットばかりを話すような感じになっていますが、
私はメーカーやベンダーではありませんので、
一ユーザーとして感じたデメリットもそのまま紹介します。

RevitでBIM設計した実感としては、
メリット:デメリット=51:49


参加費は無料ですが、事前予約制になっているようです。
詳細および申込みはこちらへ

|  ・講演講習 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月15日東京でBIM講演

4月15日開催される
『Otsuka & Autodesk Collaboration Day 2010 in Tokyo』
の中で講演します。


ttt_20100327190924.jpg

品川の共同住宅設計で分かったBIMのメリット
~初めてBIM設計を実践した奮戦談~
15:50~16:40
ヤマガタ設計代表 山形雄次郎

    約10年前の3次元CAD導入の失敗のトラウマがあったものの、
    ちょうど1年前の2009年3月にBIMというものを初めて知り、
    基本構想時期にあった東京の共同住宅で、「Revitなら使える!」
    と決断し、実際4~7月の基本・実施設計の主力ツールとして使いました。
    「初めてBIMを触って、設計の流れに合いましたか?」、
    「Revitは本当に実務として使えたんですか?」という質問を
    多く受けられるという山形氏にその回答をお話しいただきます。


実際にBIMで設計した物件事例リーフレットの内容を、
RevitやSketchUpの生の動きを見て頂きながら、
実務としてBIMを導入する際のポイントと注意点を、
具体的にお話しする予定です。

案内ではメリットばかりを話すような感じになっていますが、
私はメーカーやベンダーではありませんので、
一ユーザーとして感じたデメリットもそのまま紹介します。

RevitでBIM設計した実感としては、
メリット:デメリット=51:49


参加費は無料ですが、事前予約制(4月8日迄)になっているようです。
詳細および申込みはこちらへ

|  ・講演講習 | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京でBIM講演

3月4日、
第2回東京RUGワークショップの中で、
BIM(Revit)で設計した品川区の物件の事例を
発表しました。

終わってから参加者に聞いてみると
流しや便器、UBの入力に2次元CADデータを
利用していたことに驚かれた人が多かったですね。

111_20100304221206.jpg

(『BIM奮戦記』ではこちらの内容


「なにか肩の荷が降りたような感じで、
 少し軽い感じでBIMに入っていけそうです!」

BIMの講演といいながら2.5次元みたいなやり方を発表して、
本当に良かったんだろうかと思っていましたが、
嬉しい感想です。。。

|  ・講演講習 | 20:39 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT