3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[A-12]究極のスケッチアップ




こちらを見てください(YouTube:約9分間)



こういう感じでこれから3Dを作っていきます。




えんぴつポイントby(y_y)
まず、頭のなかにイメージを作りましょう。
イメージ(夢)を持ち続ければ、いずれそうなります。
スポンサーサイト

|  ・SketchUpマニュアル | 09:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[A-11]Open GL/裏面選択

03.jpg
パソコンによっては、このように線だけ(ワイヤーフレーム)
の状態になってしまい、面がみえないことがあります。


05.jpg
このように見えていれば正常なので、そういう場合は
そのままでOKです。


ks.jpg
その対処方法ですが、「ウィンドウ」の「環境設定」の「Open GL」を開きます。


02.jpg
ここで「ハードウェアアクセラレーションを使用する」や
「高速フィールドバックを使用する」のチェックを操作すると
正常になります。
チェックの入れ方はパソコンによって変わります。


04.jpg


他にも面の一部が真っ黒になったり線が乱れたりなど、
異常を感じたら、このチェックを触ってみると大概直ります。

|  ・SketchUpマニュアル | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[A-10]単位

GoogleSketchUpは最初は単位がインチになっていますので、
これをミリメートルに変えます。

100.jpg
「ウィンドウ」の「モデル情報」の「単位」を開きます。

101.jpg

その中の形式を十進表記、ミリメートルにします。
この講座の中では寸法入力はミリメートルで行います。
もし、メートルの方がいいという方は、メートルでもいいです。
その場合は、例えば10mmの入力は0.01と入力します。

精度を 0 にします。
勿論、0.1mmまで精度が必要という場合は 0.0 にします。
メートル入力の場合は、0.000 がいいでしょう。

長さスナップを無効、
単位形式を表示しないにします。
(これは私の好みなので、表示させてもいいです)

104.jpg




えんぴつポイントby(y_y)
これを毎回やるのは時間がモッタイナイのでファイル保存し、
次回からはそのファイルを立ち上げるといいでしょう。

|  ・SketchUpマニュアル | 11:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[A-09]Mac

私はMacのことはよく分かりませんので、Macを使っている人に
教えてもらったところ、、、


■Macのキーについて
 1)Ctrlキー:
   (コマンド、アップル)キーに相当

 2)右クリック:
   control+クリックに相当(ワンクリックマウスの場合)
   *右クリックのあるマウスなら問題ありません。


■メニューやツールの違い
 1)メニューバーの違い
   Windows版と比較して、
   Mac版にあるもの:SketchUp
       ないもの:Plugins

 2)Model Infoの違い
  Mac版にあるもの:Location

 3)Tool barの違い
  Mac版にあるもの:Tool Palets(Windows版のTool barに相当)


■プラグイン
コピーする場所は、
ライブラリー\Applicatin Support\GooglesketchUp6\SketchUp\plugins
の中。





えんぴつポイントby(y_y)
Macに関しての質問も遠慮なくコメントに記入してください。
誰か親切なMacユーザーがきっと答えてくれると思います。

|  ・SketchUpマニュアル | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[A-07]対象者

今迄スケッチアップ講習を数多くやってきましたが、
受講生の年齢は下は小学三年生、上は62歳です。
いずれの方もスケッチアップをマスターできましたので、
この範囲が対象年齢かと思っています。

22.jpg
↑小三の子が自分一人で作ったSketchUpデータ(小三に称賛!)


また必要スキルとしては、CADが出来る人なら勿論ですが、
ワードやエクセルができるようであれば、
スケッチアップも使えるようになります。
ただ、習得するまでの時間は、かなり個人差があります。

あえて、条件をあげるならば、建築に夢を感じる人でしょう。
「建築」と「夢」という言葉が、全くリンクしない方は
途中で挫折する可能性大。

私はスケッチアップというのは、建築の夢を実現する為のツールであり、
しかもスケッチアップを使うことにより、
その夢が増幅するツールだと思っています。
そのもとになる「夢」がゼロでは増幅しようがありません。
そういう意味でも私は夢という言葉をよく使います。
このブログも建築夢想。建築に夢を想うところです。


・CADもしたことがないんですけど、3Dに関心があって、というあなた。
・SketchUp以前少しやりかかったんだけど途中で
 挫折しちゃってねぇ、でも再度挑戦したい、というあなた。
・実務でも使えるようになってきたんだけど
 もっと効率よく、サクサクっとモデリングできないかな、
 というあなた。
・かなり使い込んでいるけど、もっといろいろな方面に
 展開していきたい、というあなた。
 
そんなあなたの夢叶えましょう!

前置きが長くなってしまいましたが、
建築の夢増幅ツールであるスケッチアップ。
いよいよ次回から実際にパソコンを使っての内容になります。

質問・クレーム・要望がありましたら、
丁度これはブログ形式になっていますので、
その日のコメントとして遠慮なくアップしてください。
それに回答していきます。

えんぴつポイントby(y_y)
ハード面で準備するのは、パソコンとマウス。
ハート面で準備するのは、建築に夢を感じる心。

|  ・SketchUpマニュアル | 12:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。