3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真のリーダーとは

 いくら目先の利益がすごくても、それが社会のためにならない
 ものについては、取り組むべきではない。ということです。
 それであれば、少し利益が下がろうとも社会のためになるものをする。
 そうした判断が、周りの協力を得て、そして真のリーダーになっていく。
                 (稲盛和夫)雑誌「President」より


「利他の経営」として有名な稲盛和夫さんの言葉です。
殆どの経営者は自分の会社の利益のみを追求して、
自社の利益が下がってでも社会のためになることをする。
という判断はあまりしないと思います。

このような利他の志しの人に自然と人は集まります。
そして真のリーダー、心から尊敬できるリーダーになっていく。
少しでもこのような判断ができる心掛けを持ちたいと思います。



  徳は元 財は末なり
   徳積めば 金は自由に なるものと知れ

スポンサーサイト

| ★利他の精神 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑顔

笑う門には福来る、と昔から言われます。
和やかな笑顔、ステキな笑顔を見ると私たちは幸せな気持ちになります。
そして回りにも笑顔が広がり、穏やかな雰囲気になります。
笑顔をつくるのに、お金も時間もかかりません。
気持ちさえあれば、いつでもできます。

笑いは体にもよいです。
私たちの体内には、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)・T細胞
・B細胞・大食細胞など数十種類の細胞たちがウイルスや細菌など
の侵入を撃退しています。
そしてこのナチュラルキラー細胞をはじめとする多くの細胞は、
人が落ち込んだり憂鬱な気分だったりすると働きが低下し、
逆に楽しく愉快に過ごしている時は戦う力が強くなるのです。

笑顔でいると、ガンになりにくい!
また、心は沈んでいても笑顔をつくるように務めていると、
自然に自分の心も前向きになってくるものです。

顔の筋肉をほんの少し使うだけで絶大な効果が得られる笑顔。
これを使わない手はないでしょう。

笑顔(和んだ顔)を人に施している訳ですから、仏教では、
これを和顔愛語(わげんあいご)という布施行として、
勧められています。




 夫の成功不成功は
 奥さんの笑顔に大変影響される
  「光に向かって123のこころのタネ」より


| ★利他の精神 | 14:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東日本大震災のとき、秩序正しい日本人の姿に世界中の人は驚きました。



「お先にどうぞ」「いえ、私は大丈夫です」
地震で停電した秋田市内のホテルでは非常食としてうどん10杯が用意されたが、
約50人の宿泊客らは先を争うことなく、互いを気遣った。
被災地での略奪は一件も伝えられていない。
こうした冷静な行動は、他人への「迷惑」を避けようとする独自の文化によるものだ。
(韓国・中央日報)

東京で電車が不通となり、徒歩で帰宅する数百万人の人々。
みな黙々と列をなし、ひたすら前を目指す。怒鳴り声など聞こえない。
自分は車だったが、誰もクラクションを鳴らしていなかった。
数百人が広場に避難した。タバコを吸う人はいない。
係員が走り回って毛布、お湯、ビスケットなどを配る。
すべての男性が女性を助けていた。
3時間後、その場は解散となったが、地面にはゴミ1つ落ちていなかった。
「人様に迷惑をかけない」。
大震災のような生死に関わる状況下でも、日本人は秩序を崩さない。
(中国紙・広州日報)

日本人がこうした状況下で米国でのように略奪や暴動を起こさず、
相互に助け合うことは全世界でも少ない独特の国民性であり、
社会の強固さだ。
(AEI日本研究部長マイケル・オースリン)

損壊した民家から救い出される際、救助隊員に「不便」をかけたことを謝罪し、
他の被災者を気遣った女性。無料で飲料を配布する自動販売機の所有者。
空腹にもかかわらず、食料配給の長い列に整然と並ぶ人々。
「自然が引き起こした混乱に、秩序を保つことで挑んでいる」、
“威厳”に満ちた日本人だ。
(シンガポールの英字紙ストレーツ・タイムズ)




これは、サンフランシスコ講和条約にてスリランカのジャヤワルデネ代表が
演説した「日本の人々の中に息づいている『慈悲の心』」の現れでしょう。
自分のことより他の人を、という利他の精神、大切にしたいと思います。

| ★利他の精神 | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆずる

鉄道車両やバスなどに設置されている、身体障害者、妊婦、乳幼児連れ、高齢者などの
着席を優先させる座席があります。
「シルバーシート」「優先席」「優先座席」「専用席」「おもいやりゾーン」
などと呼ばれています。
また最近では優先座席を廃止し、全車両の全座席が優先座席だということで全席優先席に
しているのもあります。

席を譲ることを仏教では床座施(しょうざせ)と言われます。
床座施とは場所や席をゆずり合う親切で、席を施すという布施行です。

ですから、優先席であるかどうかに関係なく、お年寄りの方が
立っていたら席をゆずりましょう。
社会を見渡すと色々なところで、争ってまで場所や席の奪い合いをしています。
これは、自分の場所、自分の席さえとれれば、人はどうなってもよいという
我利我利の心からきています。


    他人にゆずる気持ちを
     持つようにしよう


| ★利他の精神 | 12:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

心を施す

心から感謝の言葉を述べることは心を施していることになり、
心施(しんせ)と言われます。
感謝する心掛けが大切だという言葉は世に溢れています。

  『いつも感謝の気持ちを持ち、それを口にすることは、
   長く幸福に生きるもっとも確実な方法でもある』
                       (サイモン・レイノルズ)

  『まことに感謝の心こそ他を活かし自分を活かすゆえんである』
                       (本多静六)

  『「感謝する心」は、心穏やかに生きる最高の発明品』
                       (斎藤茂太)

  『感謝の心が高まれば高まるほど、
   それに正比例して幸福感が高まっていく』 
                       (松下幸之助)


私たちは有形、無形の色々なものの御恩を受けて生きています。
生かされていると言ってもいいでしょう。
しかし、日頃どう思っているでしょうか。

自分に都合の良い結果がおきると、こういう結果を受けて当然。
自分に都合の悪い結果がおきると、あいつが悪い、こいつが悪い。
これではいつまでたっても感謝の心がでてきません。

     総てのことを
      善意に解釈するようにしよう

自分に都合の良い結果がおきれば、このような結果をうけるような
私ではないのに有難いことである。
自分に都合の悪い結果がおきれば、これは過去に私が悪い行いをした
結果であると素直に懺悔・反省し、これからは良いタネを蒔けよ
という厳しい励ましである。有難いことである。
と受け取れば、すべてに感謝する心になります。
この、感謝の心を届けましょう。



     この世で最も不幸な人は
      感謝の心のない人である


| ★利他の精神 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。