3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(ブロマガの)購入方法

このようなブロマガ購入は初めてという方に。


購入したいページにて
111_2014061308250545a.jpg
「ブロマガを購入する」をクリック

 ▼

221.jpg
「ブロマガのご購入手続きへ」をクリック

 ▼

3321.jpg
メールアドレスを入力し、FC2IDの登録をする。

 ▼

FC2IDの登録後、FC2ポイントを購入し(銀行振り込みやクレジットカード他)、そのポイントでブロマガを購入する。


詳細はこちらへ

スポンサーサイト

| 当サイトについて | 08:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BIMの導入方法

BIMは一気に導入できるものではなく、次のようなステップを踏みながら
進めるのが良いのではないかと思います。


【BIMの導入方法】

Step_01)トップ(経営責任者、設計責任者)の決断
 ↓
Step_02)BIM推進室の立上げ
 ↓
Step_03)BIMソフトの選定
 ↓
Step_04)過去の事例をBIMで外注制作
 ↓
Step_05)BIMソフトの購入
 ↓
Step_06)社内講習
 ↓
Step_07)新規物件で導入開始
     小さくて簡易な新規物件を選び
     外注の協力を得ながらBIMを本番使用する
     最初の物件は平面図や外観等に絞ってBIMを使用する
 ↓
Step_08)BIMでやる範囲を基本設計図全般に広げる
 ↓
Step_09)確認申請図一式に広げる
 ↓
Step_10)実施設計図一式に広げる
 ↓
Step_11)施工図に広げる(建設業者の場合)



期間の目安としては、経験上Step_07)までに1~2年、その後Step_10)までは
更に2~3年位かかるのではないでしょうか。

※上記の各Stepでの導入支援をいたしております。




| 【BIM導入講座】 | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【Revit】

Autodesk社のBIMソフトRevitのコーナー


 □【Revit体験講座】 (Revitを実際に体感してみましょう。 これが噂の3次元設計!)
 □【Revit導入講座】 (Revitを実際に入れてみましょう!)
 □Revitでの作業協力できる方募集


以下は予定。。。
 □【ファミリを攻略】
 □【パラメータを攻略】
 □【階段を攻略】
 □【仕上表を攻略】
 □【建具表を攻略】






| D) BIM関連 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【BIM雑談】

 □BIMとは
 □「地球環境」と「BIM」の関係1
 □「地球環境」と「BIM」の関係2
 □SketchUpとBIM
 □Vectorworks2010全国縦断新製品発表キャラバンに参加
 □BIMの普及率
 □BIMの取材
 □BIMは建築の世界の光
 □海外のBIM状況

 □BIM予言  (今後の展開を大胆にも予言してみました。 BIMはどうなっていく?)
 □BIM奮戦記 (はじめてのBIM設計の生々しい体験談。 BIMは実務で使えるか?)

 □BIMの最近の動向

| D) BIM関連 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[RD-02] BIMの最近の動向

平成22年3月31日、 国土交通省が
官庁営繕事業におけるBIM導入プロジェクトの開始について
を発表しました。

その後昨年の記事ですが、「北米のBIM導入率は70%を越えた」とも。

日本ではまだまだかと思っていたら昨今、
某中堅ゼネコンが今年からBIMを導入したとか、
官庁工事で施工図をBIMで納めることが条件になっている物件がでてきたとか聞こえてきて、
かなりBIM風が強くなってきている印象を受けていました。

そんな平成26年3月19日、
ついに『BIMガイドライン』が国土交通省から発表されました。

bbb.jpg


BIMに余り関心を寄せてこなかった人も、
今年はいよいよ重い腰をあげねばならない年かもしれません。

| 【BIM導入講座】 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。