3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【Revitファミリ講座】

【Revitファミリ講座】
Revitを自在に使いこなすには、ファミリの攻略が必要です。
パラメータを使ったファミリ制作の基礎から実務まで、
腰を据えてじっくりと学習する講座です。

■内容
 ◇ファミリの基本
  ・パラメータを使ってサイズが変わるテーブルの作成
  ・パラメータを使ってマテリアルが変わるテーブルの作成
  ・タイプを使って複数のサイズやマテリアルを登録する方法
  ・サイズ/品番/価格などのカタログを利用する方法
  ・配置済みのファミリのサイズをマウスで変更する方法
  ・配置済のファミリを反転させる方法
  ・3次元とは異なる図面表記をする方法
  ・サイズに合わせて個数を変える方法

 ◇建具
  ・片開戸の作成
  ・片引戸の作成
  ・特殊建具を平面ビューだけ短時間で作成する方法
  ・照明器具の作成

 ◇衛生機器、備品
  ・複雑な形状のものを3面の2Dデータでファミリ化する方法

 ◇タグ
  ・建具キープラン用のドアタグの作成
  ・建具表用のドアタグの作成

 ◇パラメータ
  ・インスタンスパラメータとタイプパラメータの違い
  ・ファミリパラメータとプロジェクトパラメータと共有パラメータの違い

 ◇集計表
  ・集計表の基本
  ・坪表記の方法
  ・仕上げ表の作成
  ・図面リストの作成

 ◇SketchUpとの連携
  ・RevitからSketchUpへ
  ・SketchUpからRevitへ


■日程
  ・土曜日の13:30~16:30、月に3回、6ヶ月間で計18回
   3時間(途中2回休憩)×18回=54時間
  ・開講時期は最初の希望者に合わせます。

■場所
  ・富山県射水市戸破8-14(針原テクノパーク内)
     チューリップ企画ビル1階
     <駐車場有り>
  ・県外の方は、インターネットにてのSkype受講※も可能です。
  ・Skype受講も無理な場合は、全てをビデオ受講する形式も可能です。
  ・開講後に申し込まれた方は、過去のものをビデオ受講できます。
   なお、質疑は講座期間中、随時受け付け、回答します。


■講師
   ・山形雄次郎
   ・BIM歴6年(近々BIMソフトRevitの入門書を発刊予定)

■受講料
  ・一括払い:16万円(税込)
  ・分割払い:3万円×6回(6ヶ月)=18万円(税込)

■申込方法
  下記を記入したメールをお送りください。
  メールタイトル:【Revitファミリ講座】受講希望
   ・会社名
   ・会社住所
   ・会社電話番号
   ・氏名
   ・メールアドレス
   ・携帯電話番号
   ・支払方法:一括か分割か

 送り先)
   山形雄次郎  Tel:080-4102-3636
   y_yamagata18□yahoo.co.jp(□を@に置き換え)

 必ず返信を致しますで、送信後24時間経過しても返信がない場合は、
 電話連絡を頂きたく思います。

この講座でBIMが少しでも普及し、建設業界の労働生産性及び顧客満足度が
向上すればと思います。

※:Skype受講
フリーソフトSkypeの画面共有の機能を使い、講師のパソコンの内容を
ネットを介して手元のパソコンに同時上映させて受講する方法です。
インターネットができる環境であれば、日本中どこでもいや海外でも受講可能です。




これより以下に書かれているメッセージは、スポンサーからのものであり、
当ブログとは関係ありません。
スポンサーサイト

| 【Revit講座】 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【SP式CGパース講座】

SketchUpにはレンダリング機能はありませんので、
CGパースとして更に仕上げていく為には、他のソフトが必要です。

例えば、
Podium、Piranesi、Kerkythea、3dsMax、Artlantis、Maxwell Render、
MAX/VIZ Scanline、VRay、Vue5、LightWave、Form-Z、・・・・・・

など、色々ありますがこの講座では
SketchUpと汎用ソフトのPhotoshopを使った手法を紹介します。
SP式と勝手に命名しましたが、「SP」にはいろいろな意味があります。

■Sketchup+Photoshop
 安い!
 比較的容易に準備できるソフトを使用します。

■SPeedy
 早い!
 スケッチアップのモデリング完了後、任意の時間で制作可能です。
  (私の場合は、3分~3時間)

■Self Play
 自分でできる!
 意匠設計者自身が扱えるような手法を紹介します。

■SurPrise
 感動!




<目次>
□SP式CGの事例
□SP式手法の概要
□まず様々な画像を出力
□線を薄く
□濃淡をつける
□素材や面ごとの調整方法
□瞬間レンダリング!?
□水彩画風に
□オリジナルのブラシをつくろう
□影
□枠
□照明の表現(一瞬!)
□マテリアルの色調整
□マスクの活用
□「線のみ」の利用方法
□最後


この講座を受講されたい方は下記にお進みください。
講座内容(pdfファイル)と講座の中で使用するデータがダウンロードできます。

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

| C) CG関連 | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |