3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[A-01]はじめに

まずは自己紹介。
私は富山県在住の一建築家、
山形雄次郎(やまがたゆうじろう)といいます。
現在、二つの顔で仕事をしています。
一つは、ヤマガタ設計という建築設計事務所、もう一つは
山形雄次郎デジタルデザインという3D・CGの制作・講習。
物件は北陸と関東と半々です。

さて、スケッチアップというのは、コンピューターソフトの一つです。
皆さんは、建築関係の方が多いと思いますが、
私が設計を初めた頃、設計図は皆手書きでした。
10年ほどして、CADと言われるものが入ってきました。
当初は何百万もするのを導入して、全く使い物にならない
というものでした。
その後、DRA-CAD(DOS版)をまず覚えました。
それから、JW-CAD(DOS版)に移行。
その後コンピュータがDOSからWindowsになり、
JW-CAD(DOS版)の便利さを捨てきれなかった私は、操作が似ている
M7やHO-CADを暫く使っていましたが、
やがてJW-CAD(Win版)に切り替わっていきました。
最近になってAuto-CADも扱うようになりました。
現在は、2D-CADではJW-CAD(Win版)を一番よく使いますね。

CADを実務で使うようになってから、数年後に3次元の表現が
できるものが現れ、心奪われていきます。
JW-CADの2.5次元に始まり、Form-Z,VectorWorks,Shadeと3Dソフトを経て、
6年ほど前に、SketchUp(ver3)と出会いました。
まさに出会ったという感じです。
その時の感動は、言葉にしがたいですね。

SketchUpは、どういう人にとって便利なツールになるか。
『GoogleSketchUpスーパーマニュアル』から一部引用します。

---------------------------------------------------------------
 ・サクサク軽快に動き、敷居が低く、プロにとってもストレスなく使える
  3次元ツールが欲しい。

 ・クライアントとの間で「イメージ」をスケッチを描くように共有しあえ、
  シミュレーションを何度も繰り返して密度の高い仕事を行ない、
  最後の3次元の仕上げまで一気につなげたい。

 ・つくった建物を東京タワーなどと並べてサイズを比べたり、実際の
  予定地に仮想的に置いてみたり(GoogleEarthと連動)したい。

(中略)

SketchUpはパソコン上で動く、無償の3次元スケッチソフトです。
これまでの3次元ソフトとの最大の違いは
「直感的かつ簡単にスケッチを描くことが出来る」
ことにあります。

(中略)

SketchUpを使えば、プロ・アマに関係なく、簡単で正確、そして素早く
「思った通りの図やイラスト」を描けるようになる。
そして、「その図を見て考えることができるようになる」――これが大きい!

        以上『GoogleSketchUpスーパーマニュアル』より引用
--------------------------------------------------------


著者の山梨知彦氏は日建設計東京設計室長、設計部門副代表で
何度かお会いしたことがありますが、とても気さくな方で、
移動中の飛行機の中でもSketchUpを使われるほど、
SketchUpに惚れ込んでしまわれたみたいです。

他の3次元ソフトに比べ、
SketchUpは、ほんとに
 
  楽しい! 簡単! 安い!

特に建築意匠設計者に広めたいと普及活動を展開してきましたが、
実際にはいろいろな分野で使われてきています。
建築では、施工、構造、設備、都市景観、
更に造園、美術監督、電子部品、等々


それでは、スケッチアップの醍醐味をこれから紹介していきます。

09年09月09日
山形雄次郎




スポンサーサイト

|  ・SketchUpマニュアル | 09:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

講座開講おめでとうございます!

楽しみにしております。
最近は毎日、SketchUpをやっております。
今になって、以前教えて頂いた技を思い出して使ったりもしています。
そのと、きすぐには使わなくても「知識」として知っておくと、後になって役立つ事もありますね。
何でもそうかもしれませんが・・・。   obuno

| obuno | 2009/09/09 09:09 | URL |

☆obunoさんへ
ありがとうございます。
そんな「技」をふんだんに紹介したいと
思っています。

| (y_y) | 2009/09/09 23:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/19-1bf2e94f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。