3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

既存不適格建築物の緩和

---------------------------------------------------------------
<既存不適格建築物の増築等の基準が緩和されました>

 国土交通省では、既存不適格建築物の増築、改築、大規模の修繕又は
 大規模の模様替について、建築基準法において、制限を緩和する
 規定の取扱いに関して関連告示の改正及び技術的助言がありました。
  (施行日/平成21年9月1日)

 これによりRC造やS造などの物件を増築する際、増築規模が
 既存部分の1/2以下で、既存部分が新耐震基準(昭和56年施行)に
 適合している場合は既存部分の改修は原則として不要となります。

 また、W造一戸建て住宅など4号建築物の増築についても
 増築規模が既存部分の1/2以下を対象として、耐力壁等の基準を
 満たすことにより、これまで義務付けられていた構造計算が不要と
 なります。

 詳しくは、国土交通省のホームページをご覧ください。
---------------------------------------------------------------

以上引用

へ~!
確かに増築の設計が今まで大変でしたらからねぇ・・・

制限を緩和したり、厳しくしたり、また緩和したり。
時計の振子のようにふらふらしている感じがしますね。
特に姉歯事件の後、大きく振子が振れてます。
まあ、建築基準法といっても所詮は人間がつくったもの、
永遠に変わらぬものではないですけどね。


スポンサーサイト

| A) 雑談ラウンジ | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/2-3a1d85e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。