3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[SJ-01] はじめに

それでは、【スケッチアップ建築実技講座】を開催します。

1ヶ月かけて一つの建築物の内外部モデリングを作っていく、
Webハンズオンセミナーです。
質疑や判りにくいところありましたらコメントに記入してください。
随時回答していきます。


さて、
スケッチアップを使って建築物をモデリングしていく方法は、
人それぞれであり、聞くほどに驚くような手法も存在します。
ここでは、その中の大半を占めると思われる2D-dataを
利用した方法を紹介します。

2D-dataと言いましても、大きく分けてjpgなどの画像データと
dxf,dwgなどの2D-cadのデータの二つになります。
その使い方を分類すると外観をモデリングする時ならば、
以下の四通りになるかと思います。

1)平面図(画像)と立面図(画像)を利用する。
2)平面図(画像)だけを利用する。
3)平面図(2D-data)と立面図(2D-data)を利用する。
4)平面図(2D-data)だけを利用する。

この講座では主にこれらの方法を紹介していきます。

では、明日から実際にモデリングしていきましょう!

なお、講座の中で使用するデータは下記からダウンロードできます(有料)。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

| 【SketchUp建築実技講座】 | 00:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT