3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オール電化とガス

地球に優しい
地球環境にいい
地球温暖化防止
低炭素社会
二酸化炭素排出量削減
エコ
・・・

いろいろな言われ方をする環境問題。
ところで、
オール電化とガスでは、どちらが地球に優しいのでしょう?

イメージとしてはオール電化のほうがクリーンで、
二酸化炭素の排出量も少ないような印象を受けます。
ところが、先日新聞のチラシとして入っていたのが、

「ガスでSTOP温暖化」 というタイトル。

電気メーカーがうたっている熱効率は
実際の熱効率とは違っている。
本当はガスの方が地球に優しいという内容で
県のLPガス協会が作ったもの。

概要は
発電所で発電した電気は途中の送電ロスなどで
63%を失う。
家庭に届くのは残った37%の電気。
電気温水器の実働効率はその70%。
37%×70%=25%

また、エコキュートは実働効率が200%
37%×200%=70%

それに対してガスは
途中のロスがなく、家庭での実働効率が90%なので、
100%×90%=90%


電気の需要が増えると、原子力発電や水力発電では限度があり、
火力発電が増える
すると石炭や石油を燃焼させるので、二酸化炭素が増える

エネルギーロスが大きく、二酸化炭素排出が多いので、
オール電化よりもガスのほうが環境に良いという理論

さて、電力会社の反論はいかに?


昨年開催された洞爺湖サミットで、日本はCO2排出量を
2050年までに少なくとも50%削減するという目標に
合意しましたが、京都サミットでの6%削減でさえ達成できず、
逆に増えている現状で本当に50%削減は可能?
よほど真剣に取り組まないと無理でしょう。

ところが、高速道路の休日一律1000円化、
さらには政権をとった民主党は高速道路無料化、、、
これは二酸化炭素を減らすどころか増やす対策では???

スポンサーサイト

| A) 雑談ラウンジ | 14:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

(y_y)さん、はじめまして。W3と申します。ランキングから来ました。
ガスを燃やすと換気が十分必要になる。
換気=熱ロスとなり不経済。換気は少なくて済むほうが良い。
となれば電気が良いのか。
効率以外にも、快適性、安全性、経済性など大きな目で考えないといけませんね。かなり難しい問題です。
では。

| W3 | 2009/09/05 12:36 | URL | ≫ EDIT

No title

W3さん

まだ初めて間もないブログにようこそ!
確かに、快適性、安全性、経済性を総合して考えるとなると
ほんとに悩ましい問題ですね。

実は今回設計した集合住宅、
クライアントからは当初オール電化でと言われていたのですが、
ワンルーム主体ということもあり、電気温水器のタンクのスペース
が取れず、結局はコンロは電気(IH)で給湯はガスになりました。。。

| (y_y) | 2009/09/05 14:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/3-b89a688d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT