3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【SketchUp造園・土木講座】受講案内



SketchUpは建築関連のみならず造園や土木業界にも広まってきており、
「地形や自然環境をSketchUpでどう作り込めばよいのか?」
という問い合わせが増えてきています。
そこで【SketchUp造園・土木講座】をアップしました。

010_20091230142122.jpg
020_20091230142128.jpg
030_20091230142134.jpg
040_20091230142140.jpg

上図のプラグインなどを使いながら、
建築とは違ったアプローチでSketchUpの魅力に迫ります。

こちらからデータを提供し、質疑回答しながら進める
独自の「Webハンズオンセミナー」です。
通常の講習会ならば丸1日かけてやる内容です。


この受講を希望される方は、以下の順にお進みください。

受講の流れ

 1)まず、開講趣旨を読んでください。

 2)受講を決意する。

 3)ブロマガ購読手続きをします。

 4)この記事の最後に掲載されている、「受講申込」のメールをします。

 5)講座の中で使うデータが送られてきますので、それを受け取ります。

 6)各講座(記事)を閲覧し受講を開始します。
   ブロマガの記事は、1ヶ月間の購読であれば30日を過ぎると見れなくなります。
   この1ヶ月間、集中して受講しましょう!
   なお、配信したデータも1ヶ月後に自動的に消滅。 しません。。。
 
 7)質問はその講座(記事)のcommentsに書き込んでください。
   そこで回答いたします。

 8)全ての記事を閲覧・マスターして受講終了。

 9)受講した感想を、この記事のコメントとしてアップして頂くと嬉しいですね。


補足説明

・いつでも受講を開始できますが、
 購読期間が過ぎると記事が読めなくなりますので、
 ブロマガ決済日から購読期間中が受講期間ということになります。

・購読期間中はこのサイト内の全ての記事を閲覧できますので、
 購読期間中に複数の講座を受講することも可能です。
 たとえば、1ヶ月間の購読料で【SketchUp建築実技講座】と
 【SketchUp造園・土木講座】の両方を受講できます。
 (そういう意味ではネットカフェに近いシステム)

・購読の手続きだけして、メールでのやりとりをせず、
 記事の閲覧だけの受講も可能です。(上記の4と5を省略)
 個人情報を一切出さずに受講できますが、
 講座で使用するデータが手元にありませんので、
 講座で得られるものが少なくなります。


では、受講をお待ち致しております。

山形雄次郎




受講申込

受講される方は、以下の内容のメールをお送りください。
講座内で使用するデータを、メールにてお送りします。

メールタイトル:【SketchUp造園・土木講座】受講申込
メール宛先: y_yamagata18□yahoo.co.jp (□を@に置き換え)
          山形雄次郎

 <必須項目>
  ・氏名:
  ・性別:
  ・郵便番号:
  ・住所:
  ・メールアドレス:
  ・最後にFC2ポイントを決済した日付、及び金額:
  ・この講座を知られた経緯:

 <任意項目>
  ・生年月日:
  ・電話番号:
  ・会社名:
  ・業種:
  ・役職:

スポンサーサイト

| 【SketchUp造園・土木講座】 | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/341-f968ea8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT