3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

データを軽くする方法5(円の工夫)

SketchUpでは完全な円は作れず、必ず多角形になります。
従って円柱や球を作るときに、
ある側面数(辺の数・セグメント数)で円を造ることになりますが、
この数が多いとデータが増えます。
小さい形状のモデリングであれば、
側面数をかなり少なくしても支障がありません。

以前他人が作ったモデリングが、
見た目のわりに動きがえらく重かったので、
色々調べたところ、長椅子の脚の円柱データの側面数が
100になっていて、しかもその長椅子がかなり多い。
これを8にしたら動きが急に軽くなりました!

スポンサーサイト

|  ・SketchUpマニュアル | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/367-7d98fd77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。