3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

データを軽くする方法6(入力時の心掛け)

入力するデータを最小限に抑える。
具体的には、

 ・必要以上に細かく作り込み過ぎない。
 ・特に視点から遠いところは細かく作らない。
 ・見えない部分は作らない。。。

当たり前のことと思われましょうが、
これらを心がけるかどうかで結果は大きく異なります!


例えば窓の表現。
ww.jpg
このようにSketchUpでは何段階もの表現ができます。
基本構想時は一番左の表現でも十分でしょう。
計画の段階に応じて「徐々に」詳細な表現にしていけばいいのです。
それができるのがSketchUpの強みでもあると思います。
なお具体的な詳細化の方法は【スケッチアップ建築実技講座】にて
詳しく紹介しています。

スポンサーサイト

|  ・SketchUpマニュアル | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/368-27e4e795

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。