3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

データを軽くする方法7(マテリアルを利用)

マテリアルで表現できることはモデリングせず、
マテリアルを利用する。

例えばタイル貼りやインターロッキングを表現するときに
線で目地を表現せず、マテリアルを利用すると軽くなります。

これをもっと追究していくと先述の
線の太さ7(格子の表現)』になります。

スポンサーサイト

|  ・SketchUpマニュアル | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/369-67edaf7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT