3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

火天の城(2)

pic02.jpg

建築家はどう考え、どう行動すべきか?

火天の城では安土城の総棟梁と
信長とのやりとりに見ごたえがあります。
というか、それを描いたのがこの映画という感じですね。

信長のような絶対的権力を持つワンマン社長が施主であった場合に、
施主からの無理難題な指示、条件に対して、
建築家はどう対応すべきか?
理不尽なことを言ってきているが、逆らえば自分の首が飛ぶ。

顧客満足度重視と最近よく言われますが、
施主の要望にすべてそのままハイと従うことが、
本当に施主の為になるのか。
それが本当の意味での顧客重視の姿勢なのだろうか。

こっちの方が絶対施主の為になる、と思ったとき、
自分の命をかけて施主の意向とは逆の提案をできるだろうか。

本当の意味で施主の心に添うものを作るとはどういうことか。
色々考えさせられる映画でした。。。


 建築屋はお金を扱い
 建築士は技術を扱う
 建築家は、心を扱う




スポンサーサイト

| A) 雑談ラウンジ | 07:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/38-e563d66e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。