3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

火天の城(3)

安土城

現在の価格に換算すると約1000億円の総工事費、
それにあれだけ多くの人の血と汗と涙の結晶の安土城。
前代未聞の巨大な城でしたが、完成後わずか3年で
焼失しています。
何万年も永遠に建っているとは思わないにしても、
わずか3年でなくなってしまうとは、誰も思わなかった
でしょう。

しかしよく考えれば、建築物には耐用年数というものがあり、
いつかは寿命がきます。
諸行無常は世の習いとはいえ、建築物を作り上げることに
関わる者としては余りに厳しい現実ですね。
火天の城も、無常には勝てん!
・・・



建築物だけを見ていると空しくなってきますが、
その建築を通して、工事に関わった方々の心の中に、
ずっと残っていくものを築きたいものです。
何がおきても変わらぬ心の安心、満足。

   建築屋はお金を扱い、
   建築士は技術を扱う。
   建築家は、心を扱う。

    建築家は、
    目に見える無常の建築物を通して、
    目に見えない永遠のものを心に築く。




スポンサーサイト

| A) 雑談ラウンジ | 06:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も見てきました。

「火天の城」見てきました。
先日のブログで紹介されていた、指図争いの
「命をかけたプレゼンテーション」が見たくて。
物凄かった!
(スティーブ・ジョブズでもあんな事しませんよ。)
私は、建築に携わった仕事をさせて頂いてはおりますが、建築屋でも建築士でも建築家でもありまん。(施工図屋)
でも、この映画は感動しました。
人が、命をかけて取り組む気迫が物事を成し遂げ、奇跡をも起こしてしまう・・・。
素晴らしかったです。 obuno

| obuno | 2009/09/16 13:49 | URL |

良かったでしょう!
素晴らしい映画です。

私は、施工図屋さんも含め、建築に関わる人全員が、
心掛けとしては本来「建築家」であるべきだと思っています。。。

| (y_y) | 2009/09/17 00:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/43-29e38430

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT