3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

富山県建築士事務所協会研修会にてBIM講演

CIMG7656.jpg
02月09日富山県建築士事務所協会高岡支部の研修会にて
BIMの講演をしました。
演題は、

 「BIMソフトは本当に実務で使えるか?」
    ~ 共同住宅の実施設計を通して ~



要旨ですが、
BIMソフトは本当に実務で使えるか? の問いに対して、
東京品川区の共同住宅設計を、実際にBIMソフトRevitで挑戦した
私の答えは、

実務で使えます。
ただし、BIM導入の現段階でのメリット:デメリットは、
実感として 51:49。

【メリット】51
 ◇基本計画に便利
  ・2D-CADに比べ、プラン検討がしやすい。

 ◇作業の効率化
  ・実施設計時の作業時間が少なくなり、検討時間が充分とれたり外注を減らせる。

 ◇設計変更恐怖症の解消
  ・設計の後半になっても、気持ちよく設計変更の対応ができる。

 ◇顧客満足度UP
  ・随時3次元プレゼンにて施主説明できるので、納得した決断ができる。


【デメリット】49
 ◇建具制作が困難
  ・特殊形状の建具の制作が、自分ではなかなか難しい。

 ◇詳細表現は発展途上
  ・平面詳細図や断面詳細図には、現段階では使用が難しい。

 ◇変換に難
  ・2D-CADへのデータ変換が苦しい。

 ◇ソフトの価格
  ・高い。


【結論】
 導入してよかったと思いますし、これからもBIMでいきます。
 それは手書きから2D-CADに移行したときのように、
 確かに最初は大変ですが、一旦その味を覚えてしまうと、
 もう元には戻れない・・・
 
皆さん興味深く聞いておられました。
なお、この共同住宅設計における初めてのBIM挑戦の記録を、
BIM奮戦記」としてアップしてあります。
スポンサーサイト

| D) BIM関連 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/449-8fb2c9f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。