3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3月9日大阪BIM講演のレジメ





BIMは実践で使えるか?




~「顧客満足度の向上」と

「設計業務の効率化」の両立~



 2010年3月9日 ヤマガタ設計 山形雄次郎







プロフィール


 山形雄次郎
 ・昭和33年福井県生まれ。
 ・大阪大学建築工学科卒業後、
  ヘキサ、中川建築設計事務所等を経て
  富山県高岡市にてヤマガタ設計(建築設計監理)及び
  山形雄次郎デジタルデザイン(3D・CG)を設立。
 ・3Dに関心があり、建築王、Form-Z、Vectorworks3D、Shadeを経て、
  約6年前にSketchUpに魅了され、その普及活動を開始。
 ・昨年3月7日、四国で初めてBIMを知る。
 ・直後、東京品川区の共同住宅をRevitにて設計。
 ・昨年末、Web雑誌【建築夢想】を立ち上げ、BIMの啓蒙活動を開始。





山形雄次郎のBIM大予言の発表!




BIMは実践で使えるか?
という演題ですが、結論を先に言います。

使えます。
ただし、そう簡単ではありません。

実際、RevitというBIMソフトを使って
この物件を設計しましたが、従来の方法に対して、
BIMで設計するメリットを感じましたが、逆にデメリットも感じました。
メリット:デメリットの割合は、ソフトの購入費も含めて、
51:49。

つまりぎりぎりの所ですが、BIMでやってよかったと思いますし、
今後もBIMでやります。これに迷いはありません。

勿論この数値は現段階での感想なので、
今後もっと慣れてきたり、ソフト側もバージョンアップしてくれば、
この数値は60:40、70:30へと変わっていくと思います。

丁度図面を手書きで書いていた時代から
CADに移行するときに似ていると思います。
最初は大変ですが、一旦CADで一物件流れると
もう二度と手書きに戻ることはなかったと思います。
CADでは手書きの味のある図面が書けないといいつつも
いつしかCADの便利さに押されて
今では殆どの方がCADを使って設計しておられると思います。

手書きからCADへはあくまで2次元から2次元への移行ですが、
BIMは2次元から3次元への移行なので、まさに次元が変わります。

ですから、BIMは建設業界の産業革命とか
BIM建設革命と言われています。



Revit導入の功罪

【メリット】


 ◇基本計画に便利

  ・壁や建具の位置変更が容易で、プラン検討がしやすい。

 ◇3次元設計の魅力
  ・3Dプレゼンを設計初期からできるので、施主の合意を得やすい。

 ◇変更に対する恐怖解消
  ・かなり設計後半にはいっても気持ちよく設計変更ができる。

 ◇作業時間の短縮
  ・各図面に連動するので、結果として作業時間が少なくてすむ。
  ・結果、外注を減らせたり、精神的余裕から、地域や社会、
   地球環境を考えられる。(建築家としての本来の任務)





【デメリット】


 ◇建具制作が困難

  ・特殊形状の建具(ファミリ)の制作が自分ではなかなか難しい。
   結果としてソフト側の都合で設計内容を変えることにつながり、
   これが設計者として心苦しい。

 ◇2D変換に難
  ・2D-CAD、特にJwwへの変換が苦しい。

 ◇詳細表現は発展途上
  ・平面詳細図や断面詳細図には現段階では使用が難しい。

 ◇価格
  ・高い




本論(タイトルのみ)


・意匠図一式のうちどれをRevitで作成したか?

・SketchUpにて斜線制限カゴの作成

・<Revitにて3D設計内容の紹介>>>

・SketchUp-3Dが近隣説明会で活躍

・SketchUpを施主及び施工者が導入




ご静聴ありがとうございました。

ヤマガタ設計 山形雄次郎
スポンサーサイト

| D) BIM関連 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/545-c17d4548

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT