3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビム風を起こす2

BIM化への気運、ビム風をどう起こすか?

1)ネットで検索して情報を集める。
2)BIM関連の雑誌を読む。
3)BIMの概念の講演を聞きにいく。

4)どこかのBIMソフトのハンズオンセミナーに参加する
5)どこかのBIMソフトメーカー(ベンダー)に連絡して話を聞く。
6)どこかのBIMソフトの体験版をダウンロードして触ってみる。

まず前半のBIMの概念についてはどの方法でもよいので、
情報を少しでも集めるのがいいと思います。
雑誌ならば、
日建設計設計部門副代表の山梨和彦氏の『BIM建設革命』がお薦めです。

業界が一変する BIM建設革命業界が一変する BIM建設革命
(2009/01/22)
山梨 知彦

商品詳細を見る



問題は後半です。
BIMソフトが世界に一つしかない、
というのであれば話は簡単なのですが、今現在日本では五つのソフトが
シェア争いにしのぎを削っています。
五つあってもどれも似たり寄ったりでどれにしても殆ど同じ、
というのであればいいのですが、
調べてみると、豈図らんや、かなり違いがあり、
社内及び社外のCAD環境、さらに事務所内の設計スタイルによっては、
ソフトの選定を誤ると、あとあと大変な不便を強いられることになる、
最悪は購入後にソフトを変えなければならない。
ということにもなりかねません。

とりあえずどれか、と思って関わったのに
それに引きずられて、、、
というリスクは結構大きいです。

初期の段階で一つのBIMソフトメーカー(ベンダー)に縛られる
というのがどうもしっくりこない。

どうする?

スポンサーサイト

| 【BIM導入講座】 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/614-e31fb27f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。