3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Bentleyの長所・短所

Bentleyの長所・短所
(株)ベントレー・システムズが扱っているBIMソフト。
アメリカで普及している。


■長所
・自由形状の建具制作が可能。
・レベルの高いレンダリング機能あり。
・クランク状の断面ラインができる。
・SketchUpデータの入出力時にマテリアルOK。
・3次元の自由形状を作るツールが充実。
・外部参照機能あり。
・ボリューム検討から壁や床の機能を与えていける。
・ボリューム作成にSketchUpのPushPullと同じツールあり。
・書き込み機能が充実している。
・階段とスラブが断面表現で包絡する。(意外ですが、これができないのが多い)
・GoogleEarthに乗せられる(SketchUpのような感じ)
・設備のBIMに干渉チェックのツールあり。


■短所
・法規チェック機能はない。(日影図、天空率)
・JWWとの互換性は意識されていない。
・面の一部を自由形状で仕上げを変えられない。
・平面図の基準高さを部分的に変更することはできない。

スポンサーサイト

|  ・BIMソフト比較 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/621-3968c815

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。