3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

利他

辞書によると

【利他(りた)】
 (1)他人に利益となるように図ること。
  自分のことよりも他人の幸福を願うこと。
 (2)仏語(仏教の言葉)。人々に功徳(くどく)・利益(りやく)を施して
   救済すること。特に阿弥陀仏の救いの働きをいう。


利他とは、自分の幸せよりも人の幸せを優先すること。

人は誰しも煩悩(ぼんのう)があり、その親玉が欲の心です。
欲の心の本質は、自分さえよければ人はどうなってもよい、
という利他とは正反対の我利我利の心です。
我利我利亡者(がりがりもうじゃ)とも言われます。

ですから、人は特に意識しなければ、人の幸せよりも自分の幸せを
優先してしまいます。
自分が幸せになろうとして、人のものを奪ってでも自分のものを
増やそうとします。
そうするとどうなるか。
結果、地獄の食卓の様相になり、自分も他人も不幸になるのです。
それは、人と人、会社と会社、国と国、どこでも展開されます。

しかし、私たちは不幸になるために生きているのではなく、
幸せになるために生きています。

幸せになるにはどうすればよいか。
極楽の食卓のように、自分の幸せよりも人の幸せを優先すると
結果として自分も相手も幸せになれるのです。
これを自利利他(じりりた)といいます。
幸せになりたいのであれば、自己の欲の心に打ち克って、
利他の精神で日々生活すればよいのです。


 『幸福になりたいのだったら、
  人を喜ばすことを勉強したまえ』
        (M・プリオール)


結論は簡単明瞭ですが、
いざ実践となると簡単ではありません。。。



    煩悩に
     任せておけば
      破滅なり
  

スポンサーサイト

| ★利他の精神 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/749-8c02fcb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。