3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心を施す

心から感謝の言葉を述べることは心を施していることになり、
心施(しんせ)と言われます。
感謝する心掛けが大切だという言葉は世に溢れています。

  『いつも感謝の気持ちを持ち、それを口にすることは、
   長く幸福に生きるもっとも確実な方法でもある』
                       (サイモン・レイノルズ)

  『まことに感謝の心こそ他を活かし自分を活かすゆえんである』
                       (本多静六)

  『「感謝する心」は、心穏やかに生きる最高の発明品』
                       (斎藤茂太)

  『感謝の心が高まれば高まるほど、
   それに正比例して幸福感が高まっていく』 
                       (松下幸之助)


私たちは有形、無形の色々なものの御恩を受けて生きています。
生かされていると言ってもいいでしょう。
しかし、日頃どう思っているでしょうか。

自分に都合の良い結果がおきると、こういう結果を受けて当然。
自分に都合の悪い結果がおきると、あいつが悪い、こいつが悪い。
これではいつまでたっても感謝の心がでてきません。

     総てのことを
      善意に解釈するようにしよう

自分に都合の良い結果がおきれば、このような結果をうけるような
私ではないのに有難いことである。
自分に都合の悪い結果がおきれば、これは過去に私が悪い行いをした
結果であると素直に懺悔・反省し、これからは良いタネを蒔けよ
という厳しい励ましである。有難いことである。
と受け取れば、すべてに感謝する心になります。
この、感謝の心を届けましょう。



     この世で最も不幸な人は
      感謝の心のない人である


スポンサーサイト

| ★利他の精神 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/752-884a4eb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。