3D&CG&BIM化ウェブマガジン【建築夢想】

   ★★★ SketchUpとB I M導入支援 ★★★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BIM(Revit)とSketchUpの関係

「BIMが普及してきたらスケッチアップは不要になりますか?」
と聞かれました。

私はRevitを導入してから6年になりますが、今でもSketchUpを
使っています。
どういう場合に使っているかというと、ある程度Revitで基本設計が
まとまってきた段階で、部分的に詳細なプレゼンをしたいエリアがある
ときに、Revitからdxfを介してSketchUpに渡してプレゼンしています。
理由は、SketchUpの方が、細かな作りこみが容易な上に素早くテクスチャーを
つけることができて、かつディスプレイでのダイナミックなプレゼンができるからです。

また、SketchUpの写真照合ツールを使った写真合成3Dプレゼンは
便利なので、たまに使っています。

SketchUpで作ったものをRevitに渡すことは以前はしていましたが、
Revitに慣れてきた今ではしていません。


「BIMが普及してきたらスケッチアップは不要になりますか?」
私の回答としては、
「使う頻度は減ってくるが、不要にはならない」

スポンサーサイト

|  ・Revit雑談 | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yyamagata18.blog83.fc2.com/tb.php/824-5ca62e72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT